加登脇建設グループ

鳥取県 東伯郡

お客様に心から喜んでいただける解体を

代表取締役 加登脇 孝彦さん

加登脇建設株式会社、トーハク有限会社2社の代表取締役を務める加登脇孝彦さん。今回のインタビューでは建物の解体を行うトーハク解体有限会社について詳しく教えてもらいました。今後の建設業界に求められる力とは?未来の成長に向けてどんな取り組みを行なっているのか?30年近く会社経営に携わられていたベテラン社長の加登脇さんに、これからの加登脇建設グループの歩んでいく方向性を伺います。


 

―トーハク解体有限会社の設立経緯を教えてください。

トーハク解体は平成11年に設立されました。同じ敷地内にある加登脇建設は協力会社という立ち位置になります。私の父に当たる先代社長がこれから解体の案件が増加していくと考え、創業した会社です。私は2代目として、加登脇建設、トーハク解体2社の代表取締役を勤めています。

―グループ全体を見られているんですね。解体の業者は県内に多いんですか?

県内合わせて15社程度なのであまり多くないですね。その中でも当社の場合、トーハク解体、加登脇建設の連携により、建物の解体から建設まで一貫して対応できるという強みがあります。



―トーハク解体の仕事内容について詳しく教えてください。

主に民家の解体が多いです。それ以外にもビル、公共施設、橋などのインフラ設備まで幅広い案件に対応しています。解体は基本的に手作業、または重機での作業です。鳥取県では珍しいですが、特別大きな建物の場合はダイナマイトを用いた爆破解体を行います。当社では爆破解体にも対応できるよう、ダイナマイトを扱うために必要な国家資格「発破技士」の資格を2名が保有しています。また、木材焼却処分場も所有しており、自社他社問わず、解体で発生したゴミの処分も行なっています。

―解体にまつわることならばほぼ全てに対応できる会社なんですね。

県内でも屈指の解体業者だと思います。実は解体業者の中には法人化しておらず、作業もアルバイトのみで行ない、品質も悪ければ、労働災害が起きた時のための保険にも入っていないといった業者が意外に多いんです。

しかし、当社の場合は法人化しているので、社員にはしっかりとした金額の給料を払い、労働災害への保険にも加入しています。また、解体の品質にもしっかりとこだわり、解体後の更地にゴミ一つ落ちていないのはもちろん、作業車が通る道路も徹底的に綺麗にして作業を終えます。



―解体のプロフェッショナルとして誇りを持って働いているんですね。鳥取の建設業界は今どんな状況なんですか?

私が経営者になって30年近く鳥取県を見て来ましたが、近年建設業界は大きく変わって来ています。平成初期は37社あった同業他者が、人口減や不況により、今では20者程度まで減りました。これからはさらに人口が減っていくので、会社を発展させるために、いかに会社の強みを生み出すか、担い手不足が叫ばれる中でどうやって社員の質を上げるのか、その課題に対する解決策がなくては生き残れません。

そこで当社では県外で経験を積んだ息子を専務に据え、会社の大部分を委ねて新たな事業への挑戦や、労働環境の整備に勤めています。実際、専務のおかげで会社が良い方向に変わって来たと思います。社員の多くが自分で考え、行動するようになりました。また、働き方改革にもしっかりと取り組み、社員は遅くとも6時までには必ず帰っています。仕事へのやりがいもあり、ワークライフバランスも整った良い会社になっています。

―若い人に求められるような会社になっているんですね。実際若い人も増えていますか?

はい。トーハク解体には今年2名の新入社員が入社しました。加登脇建設にも若手が増えているので、グループ全体で若手の比率が増えています。社員は会社間を跨いで互いに交流しているので、みんな仲の良い楽しい職場です。



―建設会社で働く魅力を伝えるために、グループで行なっていることはありますか?

リアルな職場の雰囲気を知ってもらえるように、職場見学を毎年開催しています。最近では直接学校に伺い、学生に会社紹介を行う機会も増えました。若い子に建築業のやりがい、魅力を伝えるのは大変ですが、パソコンなどを使いながらなるべくわかりやすいように工夫しています。当社に長く務めてもらうためにどんな会社になるべきなのか、自分たちで考えるだけでなく、進路指導の先生方にお話を聞いたりしながら、常により良い会社になれるよう努めています。

―若い方のことをしっかりと考えている会社ということですね。最後に若い人へのメッセージをお願いします。

当社は若手の成長を促すために、上から意見を押し付けるようなことはしません。たとえ失敗したとしても、自分で考え行動することが大切だと考えている会社です。若い時には必ず失敗をするものですし、その経験が人を成長させます。だから上の人間は若手の見守り、失敗も受け入れるという姿勢を大切にしています。

当社はそうした自分で考える力を伸ばせる環境が整っているので、成長したい、能動的な仕事をしたい方にはぴったりです。興味を持っていただけたならばまず会社見学に来てください。きっと建築業の楽しさ、やりがいを知ってもらえるはずです。

唯一無二のシゴトを、鳥取から発信したい