株式会社 サンワ

島根県 浜田市

Iターンをして自分のやりたい仕事に出会えた

3年目 真本さん

今回は建設コンサルタントとして技術を磨くために大阪府からIターンされてきた真本さんにお話を伺います。建設コンサルタントとして幅広い事業領域を展開しているサンワは成長を求める方にもぴったりの環境です。


―仕事内容を教えてください。

入社3年目で設計課に所属しています。役職は主任技師です。業務では道路や橋といったインフラを新しく建てる時や修理を行う際の設計を行っています。

―経歴を教えてください。

私は大阪出身で、サンワに入社する際に島根県に引っ越してきました。大学は情報系に通い、新卒で入社した会社ではシステムエンジニアをしていたんです。

そこで6年程度働いた後に、大阪の建設コンサルタント会社に入社しました。そこからサンワに転職したという流れです。

―大阪からIターンされたんですね!なぜ島根県に本社を構えるサンワに転職されたんですか?

大阪の会社は社員数10人程度の小さな会社でした。そこでは現場に行って建造物の状況を確認し、修繕の必要があるかを調査する仕事を主に行っていたんです。

そこで様々な建造物の調査をする中で、自分だったらこうしたい、こうすればきれいに直せるんじゃないかと設計士が行う分野に興味を持つようになりました。

しかし、その会社は調査しか行っておらず、どうするか悩んでいる時に知り合いからサンワを紹介されました。

そこでサンワが建設コンサルタントの中でも幅広い業務を展開していることや、未経験の仕事でも積極的に挑戦していることを知り、自分のやりたいことができると思って転職したんです。

―やりがいを求めて移住されたんですね。設計は未経験からのスタートだと思いますが、実際に働いてみてどうですか?

入社してまだ3年目なので、まだまだわからないことが多いです。わからないことがあった時は先輩に教えてもらったり、自分で勉強して知識を深めています。

苦労もありますが、設計として自分が関わったものが実際の建造物として形になった時はとてもやりがいを感じるので、充実した毎日を送れています。

―転職は大成功だったんですね!これからの目標を教えてください。

設計士として技術を磨くためにも資格の取得を目指しています。会社も勉強会を開いてくれますし、残業も少ないので自分の時間をうまく使いながら設計士としてやれることを増やしたいです。

―最後に職場の雰囲気を教えてください。

居心地のいい温かい雰囲気です。先輩は普段から声をかけてくれますし、仕事も丁寧に教えてくれます。

会社も労働環境に気を使ってくれるので夜遅くまで働くようなことはほとんどありません。

仕事が終わらず遅くまで残ろうとしても、上司から体を休めるのも仕事だから今日は帰りなと声かけをしてくれます。

 

次の世代で活躍する若手を育てる