加登脇建設グループ

鳥取県 東伯郡

これからの建設業は、若手が活躍するチャンス!

加登脇建設 10年目 横山さん

加登脇建設で働く横山さんは20年以上業界に携わるベテランです。そこで加登脇建設の事業内容や、印象に残った仕事を中心に、これからの建設業界についても伺いました。若者が活躍できる時代がすぐそこまで来ていると語る横山さん。将来リーダーシップを持って活躍したい方にぜひ読んでいただきたいインタビューです。


 

―横山さんはどんな仕事をされてますか?

私は建築現場の工程管理・安全管理、予算作成、公共事業の図面作成といった業務から、見積もり作成、契約、現場での打ち合わせ、引き渡しまで様々な業務に携わっています。

―統括者のような立場で幅広く全体に関わっていらっしゃるんですね。入社されて長いんですか?

入社して10年くらいです。前職も同様の業種で、10年程度勤めていたので20年以上も建築業に携わっています。そうした経験を評価いただき、今のようになんでも関わる役職になりました。基本的になんでもやっています。

―20年以上!ベテランなんですね。なぜ前職から加登脇建設に転職されたんですか?

前職は残業代未払い、休日出勤も当たり前で、俗にいうブラックだったんです。そんな時、加登脇建設のいい評判を聞き入社しました。実際社長との距離も近くなんでも話せる環境ですし、労働環境もクリーンで、経営陣も社員に気をかけてくれているので働きやすいです。

―働きやすい職場なんですね。普段の仕事で心がけていることはありますか?

品質の良い工事をするために、腕のいい下請けに依頼することを心がけています。建設現場は多くの下請け業者が出入りします。私たちは現場監督として様々な下請け業者に仕事を依頼しますが、中には安かろう悪かろうな業者も多いんです。そういった業者に依頼をしては、質の高い工事はできません。ですから私の場合は、信頼する下請け業者を複数ピックアップし、なるべくそのメンバーで工事に当たるようにしています。

お客様との打ち合わせの際も、予算に合わせてどうすれば安く工事が済むのかといった提案は決してしません。お客様の思い描く理想と、予算の中で品質を守りながら実現できる範囲を擦り合わせていくような提案をします。そうしていいものを確実にお客様に引き渡すことが私の矜持です。



―誇りを持って仕事に取り組んでいるんですね。今までで印象に残っている仕事はありますか?

鳥取県立特別支援学校の教室棟新築工事が印象に残っています。この工事は鳥取県優良工事表彰をいただきました。やはり自分の関わった工事が認められるのは嬉しいです。

あとは現在専務が進めている住宅建設事業です。当社では一般的な住宅ではなく、デザイン製の高い住宅の建設を、建築事務所などと連携しながら行なっています。こういった取り組みは山陰地方でも珍しい独自の取り組みなので、やりがいがあります。

―趣向を凝らした家を建てるのは難しくないんですか?

既存のデザインで建築する工事と違い、前例のない工事になるので考えなくてはいけないことが多く大変です。お客様のイメージ、設計士のイメージそれぞれ差があるので、なるべくお客様の理想に近づけるように、細かなところまで図面を元に打ち合わせを重ねます。それだけの時間と手間がかかっているからこそ、引渡しの際にお客様から感謝のお言葉をいただいた時はすごい達成感があります。



―新しいチャレンジだからこそやりがいがあるんですね。最後に、これからの建設業界について教えてください。

これからの建設業界は若手が活躍するチャンスが豊富だと思います。あと数年もすると、現在主力である50代60代の方々が定年を迎えます。それより若い年代の社員が少ないので、10年もすれば今の若者が主力として活躍できるんです。今のうちに入社してスキルを着実に伸ばしておけば、すごく重宝されると思います。

建設業は人の生活に欠かせない、衣食住の一端を担う仕事です。住む場所は今後も絶対に必要なので、仕事がなくなる心配もありません。ぜひ早くからこの業界に入って欲しいなって思います。働く環境の整備も進んでいるので、将来自分のスキルを最大限に活かしてのびのび働きたい方にはぴったりの仕事だと思います。

無限大のプロセスから、ベストな解体方法を考える